優秀畜産表彰出品事例

●夫婦で築く精密養豚経営


相馬 政春(44才)新発田市大字法正橋


1.経営の特徴


 

 当経営は水田単作地帯において、母豚40頭の一貫と稲作460aの複合経営を行っている。
 養豚経営はきめ細かな飼養管理を夫婦で行うことで、最近3年間の平均年間換算離乳子豚頭数25.2頭、肥育豚事故率2.8%と極めて高位な飼養管理成績を長年継続しており、経営内容も自己資本比率86%余りと高く良好なものである。
 豚舎は築後22年経過しているが、保守管理が行き届き老朽化は殆ど見られず、また豚舎、施設に創意工夫があり生産性向上につなげている。豚の飼養管理面は自然素材を使って健康管理に努め、特に母豚には1日2回粗飼料(ヘイキューブ、野草、野菜屑)を一定量与えて、ふんの形状・量を観察し体調を判断してベストコンディションを維持し、平均産歴が4.9産と安定している。
 経営管理は各年毎に経営収支計画を立て、予算目標を設定し管理を行い低コスト経営につなげている。ふん尿処理はもとより、豚舎周辺の廃材や資材置き場は常に整理整頓花木を植え、育てる等環境美化に心配りを行っている。
 更には地域の養豚仲間による情報交換を進んで行うとともに、地域の青年農業士会の会長を務める等地域のリーダーとして活躍し続けている。



2.経営の形態



 養豚と水稲の複合経営


3.経営の概況



 (1)家族及び労働力

表−1

続柄

本人

 

 

 

家族計

年令

44

42

 

 

 

7人

労働力

1.0

1.0

 

 

 

 

担当

養豚・稲作

養豚・稲作

 

 

 

 



 (2)経営地

表−2

区分

 

作付

 

普通

樹園地

 

面積

460

 

460

40

 

 

500



 (3)豚飼養規模
  1 繁殖豚

表−3

期首

導入

育成より

44

0

20

3

0

1

47

0

21

販売

廃用

へい死

期末

延頭数

規模

0

19

0

45

15,545

42.6

0

1

0

3

1,165

3.2

0

20

0

48

16,710

45.8



  2 育成豚

表−4

期首

導入

自家より

5

17

0

0

1

0

5

18

0

種豚へ

廃用

へい死

期末

延頭数

規模

21

1

0

0

1,450

3.97

1

0

0

0

15

0.04

22

1

0

0

1,465

4.01



  3 肉豚

表−5

期首

導入

自家産

出荷

育成へ

へい死

出荷事故

子豚販売

期末

延頭数

規模

516

0

1,091

992

0

41

2

0

572

201,602

552.3



  4 建物施設・機械器具

表−6

区分

数量

形式・大きさ

区分

数量

形式・大きさ





種豚舎

1

木造 123.1m2
(17.1m×7.2m)





撹拌器

1

480kg

肉豚舎

1

軽量鉄骨 522.7m2
(39.6m×13.2m)

豚衝器

1

デジタル式スケール
150kg

肉豚舎

1

木造 100m2
(10m×10m)

トラクター

1

32ps

堆肥舎

1

木造 72.9m2
(13.5m×5.4m)

軽トラック

1

550cc

尿 留

2

ブロック

自動給餌
システム

1

 




4.経営の推移


 

表−7

経営全体

養豚部門

飼育頭数

S48年



S50年

S52年

S63年



H4年

H6年

農業高校を卒業し就農する。
4月より全農中央種豚場にて
1年間研修を受ける。

水田300a

本人結婚する。

水田370a



水田400a(借地130a)

水田460a(借地160a)

S49年



S51年



S63年


H2年



H9年

父より種豚15頭の一貫経営を
引き継ぐ。


種豚舎を建設
種豚(♀)30頭の一貫経営に
規模拡大する。

肉豚舎の一部を改造し、分娩
房を高床式にする。

簡易肉豚舎を建設する。



自動給餌システムを導入し省
力化を図る。

(♀)15頭
肉豚100頭


(♀)30頭
肉豚250頭


(♀)40頭
肉豚370頭

(♀)40頭
肉豚370頭


(♀)43頭
肉豚520頭




5.経営実績



  (1) 飼養管理成績

表−8

区分

単位

平成8年

平成9年

平成10年

指標


種 豚(♀)

44.2

42.8

42.6

 〃 (♂)

2.9

3.0

3.2




種雄豚1頭当り種雌豚頭数

15.2

14.3

13.3

種豚(♀)更新率

36.2

35.0

44.6

40.0

種豚(♀)平均産歴

4.3

4.8

4.9


1腹当り

分娩頭数

12.7

12.0

12.5

死産頭数

0.7

0.9

0.9

哺乳開始頭数

12.0

11.1

11.6

10.9以上

流産・早産等発生率

0.917

0

0.971

0


1腹当り離乳頭数

10.9

10.0

10.5

9.8以上

平均哺乳日数

26.7

28.1

25.5

24.0

子豚1頭当り離乳時体重

kg

7.0

7.0

6.0

6.0以上

離乳時育成率

90.8

90.1

90.5

90.0以上




離乳〜受胎平均日数

10.2

12.4

11.5

12.0

分娩間隔

150.9

154.5

151.0

150.0

年間回転

2.43

2.36

2.42

2.43

年間換算離乳子豚頭数

26.5

23.6

25.4

23以上

飼料

種豚1頭当り年間換算給与量

kg

1,158

1,168

1,146

1,050




肉豚飼養規模

497.6

519.2

552.3

種豚(♀)1頭当り肉豚出荷頭数

23.4

23.6

23.3

23.0


肥育開始時体重

kg

7.0

7.0

6.5

6.0

出荷体重

kg

113.9

114.2

114.4

115.0

増体量

kg

106.9

107.2

107.9

109.0

肥育期間

163.0

193.1

176.9

161

1日当り増体量

g

656

555

610

650以上

事故

期間平均事故率

1.9

2.4

4.2

3.0以内

密度

肥育豚1頭当り飼育面積

m2

0.640

0.613

0.576

0.8

出荷

枝肉重量

kg

73.6

75.1

75.5

75

枝肉1kg当り販売単価

489

477

440

総出荷枝肉1kg当格落ち金額

14.53

21.17

22.24

17以内

飼料

飼料要求率

2.97

3.17

2.79

2.8



 (2) 月別分娩頭数の推移

表−9

項目

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

合計

分娩頭数

134

74

132

94

90

159

113

102

81

77

101

127

1,284

分娩腹数

10

6

10

8

7

11

9

10

7

6

9

10

103

1腹当り分娩数

13.4

12.3

13.2

11.8

12.9

14.5

12.6

10.2

11.6

12.8

11.2

12.7

12.5

チェックリスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・チェックリスト:分娩頭数11.0頭未満▲



 (3) 月別離乳頭数の推移

表−10

項目

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

合計

離乳頭数

75

126

95

79

86

93

111

96

65

54

79

132

1,091

離乳腹数

7

11

9

7

8

8

10

11

7

5

8

13

104

1腹当り離乳数

10.7

11.5

10.6

11.3

10.8

11.6

11.1

8.7

9.3

10.8

9.9

10.2

10.5

チェックリスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・チェックリスト:離乳頭数9.0頭未満▲



 (4) 離乳から受胎までの日数構成

表−11

日数

区分

10日以内

11日〜30日

31日〜50日

51日〜100日

101日以上

腹 数

83

10

1

3

97腹

割 合

85.6

10.3

1.0

3.1

100.0%

95.9

4.1



 (5) 離乳から受胎までの延日数区分

表−12

区分

腹数

延日数

平均

30日以内
31日以上

93
4

708
411

7.6
102.8

97

1,119

11.5



 (6) 種豚飼料給与状況

表−13

種豚給与量

育成豚給与量

差引種豚給与量

1日1頭当り

種豚1頭当り
年間換算給与量

55,451kg

2,900kg

52,551kg

3.14kg

1,146kg



 (7) 肉豚飼養規模と肉豚事故体重別区分

表−14

区 分

飼養規模

1頭当り
面 積

体重区分

離乳〜30kg

31kg〜50kg

51kg〜100kg

101kg以上

平 均

552.3

0.576m2

21

14

6

2

43

48.8

32.6

14.0

4.6

100

 

1)

肥育豚舎の有効飼育面積 318.4m2

 

2)

肉豚事故率

43


×100=4.2%

992+43



 (8) 肉豚増体状況

表−15

区分

頭数

導入時体重

出荷体重

増体量

肥育日数

1日当増体量

992

6.5

6,445

114.4

113,471

107.9

107,026

176.9

175,494

610g

導入30kg時換算
推 定 D.G

30kg

114.4kg

84.4kg

124.9日

676g



 (9) 肉豚出荷状況

表−16

区分

出荷頭数

枝肉重量

販売額

格落ち金額

頭数

比率

金額

比率

1 期
(1〜3月)

257

25.9

76.2kg

19,580

31,808.6

8,174,801

24.8

20.89

408,980.5

2 期
(4〜6月)

236

23.8

74.5

17,585

36,593.7

8,636,108

26.3

23.66

415,987

3 期
(7〜9月)

236

23.8

73.3

17,301.5

36,295.4

8,565,714

26.0

18.87

326,488.5

4 期
(10〜12月)

263

26.5

75.0

19,720

28,697.8

7,547,512

22.9

26.07

514,119

992

100.0

75.5

74,906.5

33,189.7

32,924,135

100.0

22.34

1,665,575



 (10) 肉豚出荷状況まとめ

表−17

区分

頭数

枝肉重量

販売額

経費

手取額

販売枝肉
1kg当り

枝肉1kg当り
格落ち額

992

75.5

74,906.5

33,189.7

32,924,135

4,338

4,303,837

28,851

28,620,298

439.5

22.24

枝肉1kg当り金額

439.5

57.4

382.1

 



 (11) 格付状況

表−18

区分

単位

等外

合計

頭数

468

367

124

33

992

割合

47.2

37.0

12.5

3.3

100.0



 (12) 格落ち理由

表−19






肉付

脂肪の付着

脂肪の付着
肉のきめ
肉の色沢

脂肪の質

枝肉重量

その他







































468

524

25

1

0

27

78

41

22

186

75

4

51

10

0

1

3

992頭

上物率
47.2%

4.8

0.2

0.0

5.1

14.9

7.8

4.2

35.5

14.3

0.8

9.7

1.9

0.0

0.2

0.6

100%

1.8

5.3

26.9

49.8

0.8

11.6

0.8



 (13) 飼料給与状況(肥育部門)

表−20

区分

単位

授乳期用

子豚用

肥育前期用

肥育後期用

期間使用量

kg

1,310

6,840

31,550

141,919

162,000

343,619

構成比率

0.38

1.99

9.18

41.30

47.15

100.00



 (14) 生産原価

表−20

区分

単位

平成8年

平成9年

平成10年


離乳時

子豚1頭当り生産原価

5,484

6,995

6,271

〃 総原価

5,190

6,739

5,990

生産原価

出荷1頭当り

25,069

28,901

28,430

出荷枝肉1kg当り

341

385

377

総原価

出荷1頭当り

26,789

31,707

31,209

出荷枝肉1kg当り

364

422

413

自家労賃控除後総原価

出荷1頭当り

23,345

28,278

27,116

出荷枝肉1kg当り

317

377

359




【新潟ちくさん広場トップへ】   【優秀表彰トップへ】