耕種農家を加えた養豚集団による良質堆肥生産
白根市笠巻ユウキセンターの取組み

1

地域の概況

 

 白根市は新潟市の南部に隣接し、なし、ぶどう、ももなど県を代表する果樹産地を形成するとともに、養豚も盛んであり、特に今回紹介する白根市笠巻地内の養豚集団を中心に、県の系統造成豚であるニホンカイを組み入れた銘柄豚「しろねポーク」の生産出荷に取り組んでいる地域である。
 笠巻地域は従来から養豚が盛んであったが、規模拡大とともに集落内からの移転を余儀なくされ、昭和51年度に畜産環境対策及び経営規模拡大を目的に旧鷲巻農業協同組合管内養豚集団8戸で「鷲巻養豚団地組合」を設立し、集落外へ施設を移転している。

2

組織設立の経過

 

 団地組合では、昭和51年に地域複合畜産総合対策事業により汚水浄化槽1基、堆肥運搬車1台、ショベルカー1台、堆肥舎1棟など共同利用施設・機械を導入整備したが、翌年に汚水浄化槽の共同管理を目的に農事組合法人「笠巻養豚団地組合」とし、さらに、平成6年に団地組合を母体に、地域耕種農家2戸を加えた10戸で環境対策の充実及び良質豚ふん堆肥生産を目的に「笠巻ユウキセンター」を設立、国補・環境保全型畜産確立対策事業により団地内に強制発酵施設等を整備し、良質堆肥の生産販売に取り組んでいる。
 なお、組合設立当時の飼養規模は種雌豚230頭、種雄豚13頭であったが、現在(平成10年)はユウキセンター構成員の飼養頭数は種豚約400頭規模で運営されている。

白根市笠巻ユウキセンター所在地:新潟県白根市大字西笠巻

3

堆肥化施設の選定

 

 団地組合構成員の飼養規模拡大により既存の堆肥舎及び個人施設での堆肥化処理が困難となり、堆肥化が不十分のままで耕種農家へ販売、無償譲渡せざるを得ない状態が生じた。
 さらには、耕種農家が堆肥散布又は野積みすることによる悪臭等の苦情が問題化し、未熟堆肥が敬遠されるに至り、耕種農家の要望に応えるためにも堆肥発酵処理施設の整備による良質堆肥生産が急がれ、数種の処理方式を検討した。
 選定にあたっては、大量の豚ふんから良質の発酵堆肥を生産し、ランニングコストが安く、維持管理の簡便性等の点に重点をおき、解放撹拌・ロータリー式を選定した。

  処理方式の比較

 

長 所

短 所

 開放・ロータリー式

・良質な発酵が期待
・比較的構造が簡易
・ランニングコスト安(太陽熱利用)
・発酵過程での悪臭が少ない

・施設面積が大
(大きな建築物が必要)

 開放・スクープ式

・良質な発酵
・発酵過程での悪臭が少ない

・高価格
・メンテナンスが難しい
・比較的面積が大

 密閉・ダイレクト

・処理時間が短い
・施設面積が小さい

・仕上がり製品が未熟
・悪臭が大
・メンテナンスに難

 簡易発酵器

・安価 ・建物不要
・比較的悪臭は少ない

・大量処理に不向き

4

笠巻ユウキセンターの施設・機械類の概要

 

補助事業

平成6年度畜産活性化総合対策事業
環境保全型畜産確立対策事業

事 業 費

63,664千円8うち補助金 国費1/3 県費1/6 市費14/100)

建 物 類

発酵施設1棟

 

開放撹拌ロータリー式(エンドレスタイプ)
総面積 477.5m2(発酵槽 約360m2) 他原料ふん投入槽

作業場1棟 199.4m2(袋詰等)

機 械 類

撹拌機・TOYO式コンポ 他コンベア、袋詰ホッパー等

車 両 類

堆肥運搬ダンプ1台、スキャッドステアローダー1台

敷地面積

16a
この他、昭和51年度・養豚団地組合設立当時に整備した堆肥舎(153m2)、生物的汚水浄化施設(くみあい浄化槽)も併せ活用している。

5

組織の運営、施設の管理

 

構成員の役割分担
 任意組合「笠巻ユウキセンター」 構成員 養豚一貫経営8戸、新種農家2戸

組合長−−−総会−−−役員会−−

−−運営計画の樹立・機械の会計

 

 

 

−−収支予算の樹立

 

副組合長−−−−−−−−−−−−

−−機械施設の維持管理

 

 

 

−−機械作業の計画・実務調整

 

笠巻ユウキセンター事務局−−−−

−−販売促進窓口など広報

組合長(代表)小嶋洋朗

6

堆肥製造・販売の流れ

 



・原材料の豚ふんは構成員が直接搬入し、1戸当り月額40千円の利用料金を徴集。
・原料ふんは敷料などを含まない豚ふんのみ。
・年間処理量は生ふん600〜1,000tから堆肥製品150tから300tの仕上がり
・発酵過程においても副資材を用いないため、仕上がりは粒状。
・袋詰腹売可能量は108t/年。成分分析済みの特珠肥料扱い。
・製品はJA白根市を窓口の販売を原則としているが、大口需要についてはダンプトラックによるバラ売りも行う。
・販売肥料の名称『かさまき有機1号』(特珠肥料届:新潟県第302号 分類:豚ふん堆肥)

7

今後の課題

 

 堆肥製品は主に白板市内新種農家を中心に利用され、地域の環境保全型農業に活用されているが、まだ、個別取引が主体であり組織的流通に至っていない。
 一方、白根市農業振興協義会及びJA白板市では白根農業のブランド化の一環として、土づくりを推進しており、畜産農家との連携を模索しているところであり、その中核として笠巻ユウキセンターが期待されている。


 

届け出番号

新潟県第302号

美味しい作物づくりの
基本は有機栽培から!!

品質特性

  • 有機肥料ですので、微生物や微量要素が豊富に含まれており、土づくりに最適です。
  • 豚糞堆肥の完熟発酵処理ですので、悪臭もなく容易に散布が可能です。
  • 有機質の効果により、野菜や果実中の糖分・ビタミン等の含有量が高まり高品質な作物生産を可能にします。
  • 機械散布で容易に作業が出来ます。

成 分


※気候・湿度により成分が多少変わることがあります。

規 格

・かさまき有機1号一一一一一一15kg 詰
ポリ袋(20リットル梱包)

施用例

・水稲150〜300kg/10a
・野菜0.5〜2t/10a
・果樹0.5〜1t/10a
☆水稲では秋の稲藁すき込み時に散布し、腐植増進にも利用できます。
☆詳しくは、最寄りの普及センター・JAまでお問い合わせください。

 


 

発酵施設の全景


発酵施設の投入口


発酵施設の内部


製品「かさまき有機1号」

 


【新潟ちくさん広場トップへ】  【ふん尿処理事例トップへ】