笹神村「ゆうきセンター」

笹神村・JAささかみ

1

地域農業の概要

 

 笹神村は新潟県の下越地域北蒲原郡の南部に位置し、五頭連峰県立自然公園の山々を背景に多様な景観に恵まれた純農村である。
 農家戸数は約1,000戸で、そのほとんどが水稲単作経営の兼業農家である。
 畜産経営は酪農経営が4戸で約100頭、肉用牛経営が4戸で約750頭、採卵鶏、ブロイラー経営が3戸で約113千羽を飼養している。
 また、「土づくりは村づくり」を合い言葉に、「ゆうきの里ささかみ」宣言を行い、畜産経営から供給される家畜ふん尿を原料として生産した良質堆肥を有効利用して土づくりをすすめ、消費者の求める安全で美味しい農産物の生産、供給を行っている。


2

取り組みの経緯

 

 混住化による営農環境の変化により、畜産経営から排泄される家畜ふん尿に起因する悪臭等の苦情が寄せられるようになってきたうえ、耕種部門では化学肥料の多用による地力低下が顕在化してきた。
 その一方で、「特別栽培米」をきっかけとした消費者との交流が始まるなど、畜産と耕種部門が有機的に連携する体制づくりが求めらてきたことを受け、平成元年度に「ゆうきの里ささかみ」宣言を行い、土づくりの気運を高め、平成3年には「ゆうきセンター」を建設し、本格的な取り組みを開始した。


3

推進体制と管理・運営方式

 

 堆肥生産施設の設置は村が事業主体となり行い、管理・運営はささかみ農協が村から委託を受けて行っている。
 また、村農業振興協議会、ゆうきセンター運営協議会において関係機関が連携して堆肥利用の推進を図っている。


4

施設の概要

 

(1)

処理方式


堆積発酵処理


(2)

原材料


牛ふん、牛尿、鶏ふん、モミガラ


(3)

施設規模


敷地面積
1号棟(原料保管、混合機、管理室等)
2号棟(堆積場、袋詰め等)
3号棟(製品貯蔵等)

9,445m2
894m2
995m2
480m2

(4)

生産能力


7.4t/日


 



<施設の平面図>




<処理フロー>



(5)

製造処理の流れ

 

 原料の牛ふん、鶏ふんは畜産農家が、モミガラは稲作農家(ライスセンター含む)がゆうきセンターに直接搬入し、混合装置で混合撹拌した後、堆積場で切り返し、堆積発酵を行う。なお、発酵促進と臭気対策として、水分蒸散の少ない冬季間以外は、牛尿を処理した生物活性水を原料、堆積物に散布している。
 生産した堆肥は、秋及び春の水田への施用が主体で、農作業機械化銀行で散布作業を請け負いマニアスプレッターで散布するほか、一部袋詰めして販売している。


<原料搬入・製品供給体系>




<堆肥化処理体系>



5

取り組みの成果

 

 新しい村づくりの決意を込めた「ゆうきの里ささかみ」の宣言は、村の基幹産業である農業の振興を柱に、人と人の「ゆうき的」な結びつきを大切にし、「ゆうき物」による土づくりを基本とした安全でおいしい農産物生産を図り、村の自然を生かして都市との交流を深め「ゆうきとぴあ、ささかみ」を目指したもので、その後の「ゆうきセンター」を核とし、畜産農家と耕種農家の有機的な連携を図ると共に、首都圏の生協との交流を積極的にすすめた取り組みは、地域の活性化につながっている。
 村内から排出される家畜ふん尿を原料にして良質堆肥を生産、利用することで、畜産公害の防止と土づくりに効果を上げており、農作物、特に水稲では品質だけでなく収量面でも効果が認められるようになった。
 また、堆肥施用に加え農薬使用を制限して生産した特殊栽培米は、交流をすすめている首都圏の生協でも高く評価されており、これらの相乗効果により、堆肥利用の拡大も図られている。


 

<堆肥施用面積の推移>

 

H5

H6

H7

H8

H9

備 考

ha
159.1

ha
288.5

ha
315.3

ha
404.0

ha
517.4

l0a当たり施用量
水稲 0.5t、果樹等1.0t






<特殊栽培米生産の推移>

 

 

H4

H5

H6

H7

H8

H9

栽培面積(ha)

28.9

32.4

51.5

69.2

131.2

259.4

生産者数(戸)

52

57

91

101

121

146

6

現在の課題

 

 堆肥需要が拡大していることから、生産量の増加及び効率的散布を図る必要がある。
 従来、製品のストック場所の不足から生産を制限していたため、平成10年度に製品貯蔵施設を建設して生産量の増加を図ることとしたが、今後、原料の確保が課題となっている。
 また、需要期が秋季、春季の短期間に集中することから、専用機械の整備等による散布効率の向上が課題となっている。


7

今後の推進方向

 

 「ゆうきの里ささかみ」宣言のとおり、堆肥センターを核とした土づくりを基本に、環境に配慮した農業の実践により、個性豊かで安全、良質な農畜産物の生産を推進し、生産者と消費者の連携をさらに強め、活力があり、自然に恵まれた美しい村づくりをすすめていく。


 

1.ゆうきセンター:混合撹拌機




2.ゆうきセンター:切り返し作業


3.ゆうきセンター:専用バケット付ショベルに散布


4.ゆうきセンター:専用バケット付ショベルへのバラ堆肥の移動




新潟ちくさん広場トップへ  ふん尿処理事例トップへ